ナツ×カノ~あの夏、いちばん中出しした日のあらすじ

自分のことが大好きな健気な後輩女子が献身的にエッチをしてくれる。

しかも、漫画の画質は実写のような臨場感を味わえる。

それが『ナツ×カノ~あの夏、いちばん中出しした日~』

 

 

夏の暑い日、主人公の男の子は人気のない放課後の教室に呼び出された。

夏休みのせいかただでさえ人気のない教室以外の場所にも人の気配が感じられない。

 

そんな場所に呼び出したのは、主人公のことが大好きな後輩女子のさくらちゃんだった。

 

 

さくらちゃんはショートカットの髪型をしている活発な女の子。

しかし、恋愛にはウブと噂のある可愛らしい部分も持っている。

 

 

そんなさくらちゃんは先輩である主人公の事が大好きで仕方がない。

今回、人気のない教室に呼び出したのも大好きな先輩である主人公に愛の告白をするためだったのだ。

 

 

可愛らしい女の子に告白されて悪い気はしない。

そう思っていた主人公だったが、さくらちゃんの目的はそこで終わりではない。
自分の身体を主人公に捧げるのが一番の目的だったのだ。

 

 

まだ、男を知らないさくらちゃんは当然処女。

 

処女を失いのは少し怖いけど、大好きな主人公に自分のはじめてを捧げたい。

そう思って、今日は人気のない夏休みの教室に呼び出したのだ。

 

 

そしてはじめる後輩女子 さくらちゃんとのラブラブエッチ。

 

慣れないエッチで戸惑いもあるけれど、大好きな主人公に満足してもらうために一生懸命頑張るさくらちゃん。

そんなさくちゃんを優しくエッチしてあげる主人公の男の子。

 

先輩の優しい愛撫によって緊張していたさくらちゃんの身体は徐々に気持ちよくなっていきます。

そして、大切に取っておいた処女を先輩に捧げるさくらちゃん。

 

『あっああん…先輩と…ひとつになれててうれしい』

 

男から嬉しい一言ですね。