こすはめ~気になる部活のあの娘とエッチ!のあらすじ

童貞・オタク・エロ漫画家志望の主人公が、学校にあるいろいろな部活のシチュエーションでエッチを楽しんじゃいます。

 

魅力的なエロ漫画を描くには、エッチの経験値を上げるしかない。

そんな部活動エッチが楽しめるのが『こすはめ~気になる部活のあの娘とエッチ!~』の物語です。

 

 

『こすはめ~気になる部活のあの娘とエッチ!~』では最初に漫画研究部に在籍している主人公のシーンからはじまります。

主人公にとって漫画研究部はとても魅力的な場所です。

 

話がわかる環境で、自分にとっての居心地の良さを感じることができます。

 

しかし、主人公は漫画研究部を離れることに決めました。
理由は簡単。このままここにいても自分の成長を見つけることができないからです。

 

 

童貞・オタクの主人公ですが、夢はエロ漫画家になって自分の求める作品を描くこと。
漫画研究部にいては、その目標を見つけることができないからです。

 

 

最初に主人公が向かったのはテニス部。

 

テニス部独自の魅力的なコスチュームに身を包みながら、テニス部の部活動に励む女の子の姿はとても魅力的でした。

 

なにかの漫画の参考になるかもしれない……

そう思ったテニス部の女の子を見つめる主人公に声をかける1人のテニス部員。
どうやら主人公より年上のテニス部の先輩でした。

 

 

主人公が漫画研究部にいたことで興味を持ったテニス部の先輩。
このまま主人公をテニス部公認のヤリ部屋に連れ込んで、エッチなことを教えてくれます。

 

主人公にとって考えられない最初のステップでした。